出会いの場はどこにある?僕なりに5つ絞り出してみた

この記事がおすすめの方

どーも、ナンパでよくスルーされる男、出会い王子です。

「なんでこんなにも出会いがないんだ…」そう嘆いていた頃があります。その時の僕は勇気も行動力も無いくせに「出会いがない!」と叫んでました。当時、少ない脳みそをフル回転させて探し出した【穴場的出会える場所】でいくつかの出会いに成功。今回はその穴場を紹介します。

出会いのある場ってどこにあるんだろう…?

こんな悩みを持ってる人、かなり多いんじゃないですか?
学生・社会人関係なく、一般的に出会いのきっかけの場と言えば

  • 学校・職場
  • 知人・友達からの紹介
  • 合コン
  • バイト先

この辺が代表的だと思いますし、実際にお付き合いのきっかけもこれらが多いと思います。まぁ、パッと思い浮かぶ場所ですよね。

でもきっと「出会いがない…」と本当に嘆いてる人からすれば「そこで無いから本当に困ってるんだよ!」って感じじゃないでしょうか?僕が出会いから遠ざかっていた頃がまさにそう感じていたので。

そんな簡単に出会える場で会えてたら、こんなに真剣に悩んだりしないよって思いますし。

ですから今回は【上の代表的な出会いの場ですら出会いが無かった人達】へ、実際に出会える可能性があり、ちょっとした勇気と行動力があれば出会いの可能性が飛躍的に増える場所と方法を僕なりに5つ絞り出してみました。

①趣味・習い事を始める

共通の趣味や話題を持っていることは間違いなくお互いの距離を縮めてくれますし、一発目から好印象を与えることができますよね。

そこで僕から一つ目の提案は【趣味の習い事に通ってみる】です。

趣味が無い人はまず興味のあることから始めてみるといいと思いますし、すでに趣味をお持ちの人は教室に入会してみるということです。ヨガやジム、ランニングやフットサル、料理やゴルフなど何でもよいと思いますので。
 
同じ目的を持った人達が集まっているわけなので気になる人がいれば話しかけやすいですし、通っている間に自然と仲良くなれるチャンスはいくらでもあるはず。

そこから「今度ご飯でもどーですか?」の一言さえ掛けられれば、素敵な出会いにつながる可能性は大いにあると思います。共通の趣味があるわけですからトークにも困ることはないでしょうし、盛り上がることができますもんね。

自分の興味のあることや好きなことですから、楽しく通うこともでき、無理なく長く続けられると思います。その中で好みの異性に出会えるきっかけにもなる。こんな出会いの場なかなか無いと思いますよ。

実際に趣味や習い事をきっかけにお付き合いまで発展してるカップルが僕の周りにも結構いますから、効果は抜群なはず。教室に通うだけなので、そこまでハードルも高くはないと思います。

②街コンに参加してみる

「合コンしたいけど、メンツもいないし機会も無いんだよなぁ…」そんな人にチャレンジしてもらいたい出会いの場。

近年、よく耳にしたり目につく【街コンに参加してみよう】が二つ目の提案です。

街コンのは誰でも参加できるし、もちろんメンツも必要なく1人で参加することができます。なので合コンより気軽に実現することが可能です。わかりやすく言ったら【街全体が合コン会場で、仲間を集める必要が無く1人で参加できちゃう飲み会】みたいなイメージ。

最近では街興し的なイベントとして、いろんな自治体が取り組んでたりしますよね。なのでアンダーグラウンドな印象は全くありませんし、かなり健全な出会いの場だという認識が広まってます。

もちろん参加者全員の目的が「新しい出会いが欲しい!」なので、マッチング率はかなり期待できちゃいますし。街コンに参加してる人はアクティブな人が多いのでノリも抜群だから意気投合もしやすいのです。

気が合えば連絡先を交換して、後日改めて二人きりのデートに誘ってみれば良し。1人だけとは言わず、できるだけたくさんの人達と連絡先を交換できれば、素敵な出会いに繋がる可能性はグンとUP。

③同窓会に参加してみる

「学生時代に好きだった人、今何してるのかなぁ」と考えたことがある人もたくさんいると思います。もしかしたらその人と出会えるチャンスがあるかも。

僕がおすすめする出会いの場の三つ目は【同窓会に参加してみよう】です。

これ、意外に盲点なんじゃないかな?って。新しい出会いばかりに目を向けるわけじゃなくて、過去の出会いをもう一度大切にしてみるという発想。

そこにもしかしたら思いがけない出会いが待っているのではないでしょうか。最近だとフェイスブックで学生時代の友達や知り合いも簡単に見つけられますし、改めて親交を深めるきっかけはいくらでも作れますもんね。

同窓会の案内なんかも毎年必ず届いてるはずなので、思い切って今年は参加してみるというのも良いのでは?昔話に花が咲いて憧れていた人と仲良くなれるチャンスが舞い込んでくるかも。

同窓会を出会いの場として考えてる人も少なからずいると思うし、案外それ目的で同窓会に行くって話も聞きますし。全く知らない赤の他人じゃないので、緊張感もそこまで持たず気軽に行けますしね。

じゅうぶん有力な出会いの場じゃないかなって僕は思います。

④SNS・ネットを活用する

フェイスブックにツイッター、LINEにインスタグラムなんかのSNSを出会いの場として考えてみたり、出会い系サイトや婚活サイトなどのネットコミニティを活用してみる。

要するに現実世界だけではなく【SNSやネット社会】を出会いの場として使ってみるというのが、僕の4つ目のすすめ。

【参考】出会いの場ってどこですか?【yahoo知恵袋】

上のyahoo知恵袋にも相談を持ちかけてる女子中学生がいて「ふむふむ」と読みふけってしまいました。

「学生時代なら出会いなんていくらでもあるじゃないか!」と思ってましたが、意外と無いものらしいです。

この質問の回答者がおすすめしているのも「ブログとかやってみたらいいよ」「ネットの繋がりも悪くないんじゃない?」的なものでした。僕もすごく共感したし、実際に出会い系サイトでたくさんの出会いを見つけましたから。

「ネットで知り合うなんて怖いよ」「変な事件に巻き込まれたくないし」的な発想を持ってる方も多いと思いますが、今の時代、使い方さえ間違わなければい目に合うことなんて無いですから。

ブログでは読者の人達との繋がりがあったり、ツイッターでつぶやきに共感してくれる人と仲良くなったり。出会い系サイトに登録して普段知り合えない仕事の人と交流できたり。今じゃそんな出会いも当たり前になってますから。

勝手な先入観で物事を見ていると、せっかくの良い出会いの場を見逃してしまいがち。その代表例としてSNSやネット社会での繋がりを危険視してることが、僕的にはすごくもったいないなぁと実感してます。

きちんと自分がマナーを守れば、なんにも危険なことはないし、むしろ現実社会より圧倒的に出会いのきっかけが転がってますから。オンラインゲーム仲間同士でお付き合いまで至ったケースも多々ありますし。

安全な出会い系サイトアプリやネットコミニュティはちゃんとありますから。世論やメディアの評判だけではなく、実際に自分で使ってみることがいちばんだと思いますけどね。

⑤ナンパ・逆ナンにチャレンジ

「ちょータイプなんだけど!」「めちゃくちゃかっこいい!」「あんな子となかよくなりたいなぁ」道を歩いていたり日常でこんなことをしょっちゅう思ったりするはず。

僕からの最期の提案は【思い切ってナンパしてみよう】です。

ナンパと聞くと「いやいや、ハードル高すぎるわ…」「俺にはそんな大胆なことできないし…」みたいな印象を受けちゃいますよね。それはみなさんのナンパのイメージが【道端やストリートで声をかけること】っていう固定観念があるからではないでしょうか?それだとさすがにキツイですよね。

僕が提案したいのはそうではなく、もっと日常的な場所で声をかけてみては?くらいの感覚です。わざわざ道端でターゲットを探し、いざナンパ!みたいな感じではなくて。

たとえば、居酒屋で近くの席にいた人に話しかけてみるとか、クラブでタイプな人に声をかけるとか。これだってナンパと言えばナンパでしょう。だけどなんとなく「それくらいならできるかも」って思いませんか?

カフェで見つけたかわいい子に接触してみることや、よく行くコンビニの気になる店員さんにアドレス渡してみるとか。これだってとらえ方によっちゃ立派なナンパでしょう。

男性が声を掛けなくちゃいけないなんてルールはありません。もちろん女性からアプローチしたって良い。逆ナンされて嫌な気分になる人なんていないでしょう。むしろありがたき事。

女性側からしても声をかけられて「いや、マジで無理。最悪」と思う人は限りなく少ないはず。ナンパされたら嬉しいと感じる女性の方が圧倒的に多いんじゃないでしょうか。

それなら、ほんの少し勇気を出して声をかけてみた方がよっぽど出会いのきっかけになる可能性の方が高い。僕はそう思いますし、ばんばん声かけちゃいます。

飲み会や合コン、クラブやパーティーなんかの出会いの場であれば、なおさらチャンス。声かけない方が失礼じゃない?くらいの感覚ですよ。もはや。

ナンパの発想とイメージを変えて「声かけてみようかな」くらいの感じでチャレンジしてみれば良いのでは?

そうすれば、普段の日常が素敵な出会いの場に変わるはずですから。

まとめ

  • 趣味・習い事を始める
  • 街コンに参加してみる
  • 同窓会に参加してみる
  • SNS・ネットを活用する
  • ナンパ・逆ナンにチャレンジ

この5つが僕が考える【出会いの場】です。

一般的な出会いの場ではなく、ほんの少しの行動力で飛躍的に出会えるチャンスが増える場だと思ってますし、意外と本当に出会えちゃいます。

先入観や固定観念をなくして、純粋に出会いを求めている人たちには自信を持ってチャレンジしてもらいたいですし、その先にきっと素敵な出会いが待っているんじゃないかなって。

みなさんの出会いに幸多かれと願いながら、今回はここまで。